女性の薄毛「原因別対策」※男性とは対策方法が違います!

薄毛に悩む女性が近年増加している

 

近年、薄毛・抜け毛に悩んでらっしゃる女性が、非常に増えています。
それもシニア世代だけではなく20代などの若い世代の女性でも薄毛に悩んでいる方は多いようです。

 

やはり女性は年齢に関係なくキレイでいたいものですよね。若く美しく見られるためには髪の毛の印象は非常に大きいです。

 

そのため髪の毛のケアは欠かせません。

 

女性の薄毛も結構目立ちます

 

女性でも髪の毛が薄いと結構気づかれてしまうものです。女性に髪が薄いなんて面と向かって言う人はまず居ませんから、自分で気付くしかないのです。

 

やはり薄毛は年齢を感じさせますので、女性としての魅力が下がってしまいます。できるだけ自分で気付いて対策をすることをおすすめします。

 

今では女性が薄毛対策をすることが当たり前の時代

 

育毛剤と言えば、これまで男性が使うのが一般的でした。しかし、最近では女性用の育毛製品も増えてきて、女性が育毛剤などを使ってヘアケアをすることも一般的になってきました。

 

もはや女性が育毛製品を使って薄毛対策をするのは当たり前の時代です。

 

女性の薄毛の原因は多岐にわたりますので、原因に合わせた対策が必要になります。

 

 

 

女性の薄毛と男性の薄毛の違い

 

女性と男性の薄毛の原因は大きく異なります。

 

男性の場合、薄毛の原因は男性ホルモンが影響するAGAと呼ばれるものです。

 

男性の場合の対策方法は病院に行ってプロペシアという薬を飲むのが一番なのですが、女性の場合プロペシアは飲めません。飲むのは厳禁で、効果がないどころか触れるだけでも胎児(男児)の生殖器に悪影響があります。

 

女性の薄毛の原因は多岐にわたる

 

男性の薄毛の原因はほぼAGAなので対策はプロペシアを飲むだけで簡単なのですが、女性の場合薄毛になる大きな原因はありません。ホルモンバランスやストレス、生活習慣などの小さいことの積み重ねだったりします。

 

 

女性の薄毛・抜け毛には、主に5つの原因があります。

  1. ホルモンのバランスの変化
  2. 日常のストレス
  3. 頭皮や髪の毛へのダメージ
  4. 生活習慣の乱れ
  5. 過度なダイエットによる栄養不足

 

1.ホルモンのバランスの変化

 

女性の薄毛・抜け毛の大きな原因の一つが、女性ホルモンのバランスの変化です。

 

妊娠・出産、更年期など女性のライフステージの変化で女性ホルモンも大きく変化します。これが抜け毛の原因になるケースが多く、とりわけ、出産後の急激な抜け毛に悩む若い女性は多いです。

 

出産後の抜け毛は、時がたてば元に戻りますが、対策をしておけば影響を少なくすることはできるでしょう。

 

また出産とともにホルモンバランスに大きな影響を与えるのが閉経です。女性の場合、閉経を境にホルモンバランスが大きく変わりますから、徐々に髪の毛が薄くなってきます。これは老化現象ですので、老化の速度をを緩やかにするという考えにシフトしましょう。

 

ホルモンバランスが原因の薄毛対策

ホルモンバランスが原因の薄毛の場合、育毛サプリや育毛剤で対策すると良いでしょう。

 

女性は30代半ば頃から女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下していきます。育毛サプリには女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする大豆イソフラボンが含まれている他、髪の毛の育成に必要な栄養素がたくさん含まれています。

 

併せて女性用の育毛剤を使用することで、身体の内と外からケアをすることができるのでおすすめです。

 

 

2.日常のストレス

 

ストレス社会の現代を生きる私たちは、毎日ストレスにさらされています。「ストレスは万病の元」と言われるように、薄毛・抜け毛にも悪影響を与えます。

 

ストレスにより自律神経が乱れれば薄毛の原因にもなります。ストレスにより身体が休まらず、交感神経ばかりが働くと血管の収縮が起こり血行不良になりあます。

 

髪の毛が一日の中で特に成長する時間帯は22〜2時で、この時間に寝ることが大事なのですが、ストレスにより不眠になってしまうと理想的な時間を逃してしまいます。

 

また円形脱毛症も原因ははっきりとしていませんが、ストレスと大きく関係していると言われています。
円形脱毛症は重症の場合、頭全体から抜け落ちる例もありますので、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

日常のストレスが原因の薄毛対策

 

ストレスの元になっていることを解決することと、自分なりのストレス解消法を見つけてストレスを溜めこまないことが大事です。
とはいえ、これに関してはなかなか難しいでしょうから、育毛剤や育毛サプリでも対策しておくとよいでしょう。

 

 

3.頭皮や髪の毛のダメージが原因の薄毛

 

頭皮や髪の毛はシャンプーやヘアカラー、紫外線、ドライヤーなどによって常に刺激を受け、ダメージを与えられています。

 

ヘアカラーはいわずもがなですが、一般的なシャンプー剤も髪を細くしてしまうという研究結果があります。

 

髪が細くなるということは、その分薄くなりますので頭皮が見えやすくなります。
(男性の薄毛も髪の本数自体はさほど減っておらず、産毛状になっています。)

 

また紫外線も髪や頭皮にダメージを与えます。夏に受けた紫外線の影響で秋に抜け毛が増えるとも言われています。

 

頭皮や髪の毛のダメージが原因の薄毛対策

 

頭皮や髪の毛のダメージが原因の薄毛は、髪染めの頻度をなるべく減らしたり、シャンプーをアミノ酸系のものに変えると良いでしょう。

 

アミノ酸系のシャンプーは普通のシャンプーと比べると髪や頭皮に優しい洗浄成分ですので、髪が傷んで細くなりづらいです。

 

また頭皮と髪の毛に栄養を与える女性用育毛剤を併用することをおすすめします。

 

 

4.生活習慣の乱れ

 

以下の悪い生活習慣は、頭皮の血行不良になり、薄毛・抜け毛につながりますので控えましょう。

 

  1. 睡眠不足
  2. 食生活の偏り
  3. 喫煙
  4. デスクワーク
  5. 眼精疲労

 

生活習慣が乱れると、頭皮の血流が不足し、頭皮が栄養不足に陥ります。髪の毛にも栄養が行きわたらず薄毛・抜け毛の原因になります。

 

またデスクワークによる肩や首のコリは頭皮への血行不良を招きます。眼精疲労も要注意です。髪の毛の原料は「ケラチン」という物質なのですが、これは「システイン」という物質を材料としています。スマホやパソコン、テレビ等で目を酷使すると、網膜の補修にこの「システイン」を使ってしまいます。

 

頭皮の血流を改善するための対策は、生活習慣を整えること、女性用育毛剤の使用、頭皮マッサージ、適度な運動などがあります。

 

 

 

過度なダイエット

 

生活習慣の乱れによる血行不良で頭皮が栄養不足になるほか、過度なダイエットのせいで、頭皮、髪の毛が栄養不足になると、薄毛・抜け毛の原因になります。栄養失調になると、人の身体は生きるために必要なところへ栄養を送りますので、髪の毛などは後回しになっていまうのです。

 

ダイエットは良いことですが、過度に食事を摂らないダイエットは薄毛・抜け毛の原因になります。やみくもにダイエットするのではなく、髪の毛に必要な栄養素をしっかり摂りつつ、運動などで健康的なダイエットをしましょう。

 

過度に食べないダイエットは、薄毛・抜け毛の原因になるだけでなく、筋肉を落としてしまい基礎代謝が落ちてより太りやすい身体になってしまうので絶対にやめておいた方が良いです。

 

 

 

 

女性でも薄毛は遺伝する?

 

女性の薄毛も遺伝します。なので、遺伝も薄毛の原因になります。

 

基本的に体質は親から遺伝しますので、薄毛体質ももちろん遺伝します。しかし、女性の場合は、生活環境の改善や頭皮ケアでなんとかなるレベルなので、男性ほどは悲観することはありません。

 

家系的に薄毛が多いのでしたら、より生活習慣や頭皮ケアに注意した方が良いですので、十分に対策をすることをおすすめします。

 

更新履歴