30代は、20代の頃に若さだけで乗り切ってきたツケが、体のあちこちに出始める頃です。体のあちこちにガタが出始めます。同じように、髪質も変わってきたことを感じます。

 

今までため込んできた活性酸素による体への悪影響が出始める年代でもあります。

 

さらに、30代女性の多くが体験する出産によるホルモンバランスの急激な変化は、特に髪の毛に大きく影響します。

 

30代女性の薄毛・抜け毛の原因と対策についてご説明しましょう。

 

 

◯30代女性の薄毛・抜け毛には3つの原因!

 

30代の女性は公私にわたって忙しいですよね。仕事の忙しさでストレスをため込んだり、出産後の育児で睡眠不足になったり栄養が偏ったりします。
また20代のツケが回ってくることもあります。

 

主な原因について考えてみましょう。

 

? 活性酸素
活性酸素という言葉を最近よく聞くようになりました。体内で作られるだけでなく、喫煙や紫外線などの外的刺激でも作られます。老化を促進するので、ため込まないようにしたいものです。

 

人間の体は、抗酸化酵素によって活性酸素を取り除くようになっています。これで取り除けきれなかった分は、体内のアミノ酸で取り除きます。本来、髪の毛を作るはずだったアミノ酸がこれに使われることによって、髪の毛が薄くなります。

 

 

? 出産後のホルモンバランスの激変

 

出産した後、一気に大量の髪の毛が抜けてビックリする方は多いです。この原因は、出産後、ホルモンバランスが大きく変化するからです。

 

特に女性ホルモンの一種、エストロゲンが大きく関係しています。髪の毛の成長に大きく関与しているこのホルモンは、妊娠中に増え、出産後、元に戻ります。この変化のために急激な抜け毛が起こります。妊娠・出産による自然なことですから、出産後1年程度で収まります。

 

※出産後の仕組みページへリンク

 

 

? 生活習慣の乱れ
出産を契機に、女性の生活は激変します。赤ちゃん中心の生活は、うれしいことでもありますが、つらいことも多々あります。たとえば、睡眠不足です。食事も自分のことは後回しになりがちです。また、外出もままならず、赤ちゃんとだけ過ごす日々は、精神的にもつらくなってきます。

 

特に睡眠不足は髪の毛にとって大敵です。睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンの分泌が阻害され、自律神経失調、頭皮の血行不順に陥ります。

 

◯公私ともに忙しい30代のための育毛対策

 

30代女性の薄毛・抜け毛の原因がお分かりいただけたと思います。体の変化、生活環境の変化が大きかったですね。

 

特に出産後の変化は、本来自然に治っていくものです。また、さまざまな要因が絡み合った原因を、元から断つことは難しいかもしれません。

 

そんな30代のあなたにも簡単にできる薄毛・抜け毛、育毛対策は、ビタミンEです。ビタミンEは、活性酸素対策に効きますし、頭皮の血行を促進します。ナッツやゴマなどビタミンEが多く含まれる食品を積極的に摂りましょう。

 

※対象商品リンク

 

食品から摂ることが理想ですが、忙しければ、サプリを利用してもいいでしょう。

 

 

※対象商品リンク

 

30代になると、シャンプーも薄毛・抜け毛対策、育毛を意識したものを考えましょう。毎日使うものですから、髪の毛のためにいいものを使いたいですね。

 

さらに、積極的に育毛のことを考えるのなら、育毛剤の使用もアリです。育毛剤と言えば年配の男性用というイメージかもしれませんが、今やさまざまな育毛剤が出ていますから、あなたにぴったりなものが見つかるはずです。

 

※対象商品リンク

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?「まだまだ30代」、でも「もう、30代」です。あなたがどう感じていても、体や髪の毛は、変化しています。後で後悔しないよう、30代でできる対策をしっかりするといいでしょう。
育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
育毛シャンプー商品紹介一覧ページへリンク