女性の薄毛とホルモンの関係 | 女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが大きな原因です!

女性の薄毛とホルモンの関係 | 女性の薄毛はホルモンバランスの乱れが大きな原因です!

女性の薄毛はホルモンバランスの変化が大きな原因

女性の薄毛・抜け毛を引き起こす最大の原因は、ライフステージの変化によるホルモンバランスの変化です。

 

ストレスや服薬でホルモンバランスが乱れることも多々あります。しかし、一番の原因は、なんといっても、妊娠・出産と閉経によるライフステージの変化です。

 

女性にとって重大な変化をもたらす妊娠・出産と閉経(更年期以降)は、当然時期も違いますし、それぞれが原因の抜け毛対策も異なります。これらについてご説明しましょう。

 

 

出産によるホルモンバランスの変化とは?

 

出産した直後、髪の毛が、文字通り「バサッ、バサッ」と抜けた経験は、出産を経験した人ならだれもが持っています。

 

実際に大量の髪の毛が抜けたときは、とてもビックリして不安になりますよね。でも、これは多くの女性が経験していることで、あなただけが異常というわけではありません。

 

女性ホルモンのうち、エストロゲンは妊娠によって女性の体内で増えます。そのことによってあなたの髪の毛は増えていました。

 

出産すると、エストロゲンは急激に減り、元の正常な分泌量になります。その結果、増えた髪の毛がもとに戻るだけなんです。

 

ホルモンバランスの異常によって引き起こされた抜け毛ではないので、ホルモンバランスが正常に元に戻る1年後ぐらいには、抜け毛がなくなります。

 

出産は、髪の毛だけでなく、女性の体に大きな変化を引き起こします。その変化は、普通、1年ぐらいかけて元通りになりますが、抜け毛が気になってストレスになるようなら、育毛剤や育毛シャンプーでケアしてもいいですね。

 

出産後、抜け毛のほかに、急に白髪が増えたという方も少なくありません。これもホルモンの急激な変化が原因です。

 

 

 

 

この時期に白髪染めをするなら、特にカラー剤の品質に気を付けましょう。品質の良くないカラー剤には、頭皮にダメージを与えかねないジアミンが含まれている可能性があり、抜け毛が増えることにつながりかねません。

 

髪の毛や頭皮にとって大切なこの時期だからこそ、白髪染めと同時にヘアケアができるトリートメント型ヘアカラーの使用をおすすめします。

 

 

閉経(更年期以降)のホルモンバランスの変化とは?

 

出産後のホルモンの変化は、増えたホルモンが元に戻ることでした。一方、閉経後のホルモンバランスの変化とは、女性ホルモンの一種、エストロゲンの分泌の急減を意味します。

 

エストロゲンの急激な減少によって引き起こされた抜け毛は、出産後のように、時間が経てば元に戻るというわけにはいきません。増えることはありません。

 

抜け毛に限らず、更年期による変化、トラブルが起こります。あなただけの異常ではなく、誰にでも起こることなので、気にしすぎる必要はありません。

 

更年期以降のホルモンバランスの変化は、元には戻らないわけですから、長く継続的にケアすることが大切です。

 

エストロゲンは増えることはありませんから、それを補える育毛剤や育毛シャンプーを継続して使いましょう。

 

育毛剤や育毛シャンプーは、一朝一夕には効果が表れません。気長に、効果を待ちましょう。最低でも半年以上かかります。

 

あなたに合った育毛剤、育毛シャンプーを選ぶためのヒント、商品をご紹介していますので、参考になさってください。

 

育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
育毛シャンプー商品紹介一覧ページへリンク