前髪を下ろしたり、上げたりするだけで人の顔の印象って、大きく変わりますよね?前髪は、髪の毛の中でもとても大切な部分です。

 

最近、前髪が薄くなってきたような気がする・・のは、大問題です!

 

「前髪が薄くなってきたら、どうすればいいか」「なぜ、薄くなるの?」「すぐにカバーできる方法は?」あなたの前髪に対する悩みにお答えします。

 

 

生え際の後退には、男女それぞれ違う理由があった!

イメージ図又はイラストで解説すると親切です。
生え際の後退といえば、男性のずいぶん上の方まで退いた生え際をイメージするかもしれませんが、女性は男性の様にはなることは少ないです。

 

それは、男女の薄毛になる理由が違うからです。女性の場合、加齢とともに、髪の毛全体が薄くなる「びまん性脱毛症」になることが多く、全体が薄くなる中で、前髪も薄くなります。

 

また、女性の薄毛には「牽引性脱毛症」というのがあって、同じ分け目を続けるとか、髪の毛を長い間ひっつめにしているなどが原因です。

 

この場合も前髪が薄くなります。若い女性の前髪の薄毛はこの理由が多いです。

 

 

牽引性脱毛症とは?

イメージ図又はイラストで解説すると親切です。
同じ分け目や引っ張ったヘアスタイルなどを長くしていることによって起こります。ポニーテールやオールバックなどをしている人に多く見られます。同じところをバレッタや髪留めで止めている場合も危険です。

 

髪の毛は、ずっと同じ方向に引っ張られていると抜けやすくなります。短期間ではなく、長い間続くと、抜けた後の毛穴から髪の毛が生えてこなくなりますが、これを牽引性脱毛症といいます。

 

牽引性脱毛症の原因は、髪の毛を引っ張り続けることですので、それを止めたり、分け目を変えたりすると症状は収まります。

 

ただ、髪の毛が抜けて生えてこなくなった毛穴については、ケアすることが大切です。育毛剤などでケアするといいでしょう。

 

 

かんたんに前髪の薄毛を隠す方法

 

育毛剤などのケアは、一朝一夕には効果が見込めません。その間も人に会いますし、外出もしなければなりません。
イメージ図又はイラストで解説すると親切です。
真ん中あたりの髪の毛を前におろしてふんわりさせると、前髪にボリュームが出ます。一度試してみてください。

 

無理に引っ張ったり、ピンで留めたりするのは、牽引性脱毛症を進行させる結果になるので避けた方がいいでしょう。

 

前髪をパツンと短く切ってもキュートです。でも、今書いてきたことは一時避難的な方法です。実際に薄くなった前髪が多くなった訳ではありません。

 

ウィッグ、エクステ、帽子を使う?

イメージ図又はイラストで解説すると親切です。
男性に比べて、女性には、薄毛を隠すだけじゃなく、おしゃれとして楽しめるアイテムがさまざまあります。

 

髪の毛が薄くなったから人と会えない、外出もできないと閉じこもらず、こういうおしゃれグッズを利用してはつらつとしておられる方もいっぱいいます。

 

ただ、これらに共通する注意点があります。蒸れることと、引っ張ることです。

 

ウィッグや帽子は蒸れる心配があります。蒸れると頭皮コンディショが悪化する可能性がありますから、着用するときは気を付けましょう。

 

エクステは、引っ張ってつけるわけですから、牽引性脱毛症を進行させてしまうリスクがありますから要注意です。

 

 

 

ヘアスタイルのアレンジを楽しみながら、同時に育毛対策も忘れずに!

 

育毛対策をしてもすぐには効果が表れませんが、している間も女性はヘアスタイルのアレンジを楽しむことができます。ファッションアイテムもいろいろありますしね・・・。

 

前髪が薄くなる原因を見てきましたが、それらを避ける方法を考えるといいでしょう。分け目を変えただけで効果があるだけじゃなく、イメージが変わって、周りから好評を得る場合もありますよ。

 

そして、あわせて育毛対策を行いましょう。あなたにあった育毛法が必ずみつかりますよ!
育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
育毛シャンプー商品紹介一覧ページへリンク