アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3というアミノ酸由来の成分を合わせると相乗効果によってミノキシジル以上に有効な育毛成分になったのが、キャピキシルです。

 

最初、キャピキシルは男性の育毛に役立つ成分と言われていました。

 

年齢を重ねると、女性ホルモンの減少とともに男性ホルモンが目立つことによって、抜け毛・薄毛が促進されますが、これがFAGA(女性男性型脱毛症)です。

 

キャピキシルは、FAGAに効果が期待できます。そのため、キャピキシルは、男女ともに使える育毛剤や、いくつかの育毛シャンプーに使用されています。

 

女性といえども男性ホルモンが原因の抜け毛・薄毛が起こります!

 

男女の抜け毛・薄毛の原因が異なることはご存知だと思います。具体的には、男性は、頭のある部分の毛が完全になくなるような薄毛のなり方に対して、女性は頭全体が薄くなります。

 

これは、男女それぞれのホルモンが薄毛に関係しているから起こることです。

 

ただ、女性の抜け毛・薄毛には、男性ホルモンも少なからず関係しています。FAGAです。

 

年齢を重ねて女性ホルモンが減少するにつれて、いままでも存在していたけれど目立たなかった男性ホルモンが相対的に活発化して起こります。

 

FAGAの原因である男性ホルモンにキャピキシルは働きかけます。

 

 

キャピキシルの有効成分

 

キャピキシルの有効成分は、天然成分のアカツメクサ花エキスと化学的に生成されたアセチルテトラペプチド3です。

 

キャピキシルのすごいところは、ミノキシジルに比べてほとんど副作用について心配する必要がないにもかかわらず、ミノキシジルの3倍の効果が期待できる点です。なんだかワクワクしちゃいますね。

 

クローバーとも呼ばれるシロツメクサはご存知ですよね?その花がきれいなピンク色をしているのがアカツメクサ、またはムラサキツメクサです。薬用ハーブとして男性ホルモンの働きを阻害する働きが知られていました。

 

一方、アセチルテトラペプチド3には、ダメージを受けた細胞をリカバーする作用があります。この細胞修復作用が毛母細胞に働き、毛母細胞を活性化します。

 

 

キャピキシルは男性ホルモンに効果があるのに、なぜ女性の育毛に効果があるの?

はじめ、キャピキシルは男性育毛剤に使用されてきました。アカツメクサ花エキスが男性ホルモンに働きかけることがわかっていたからです。

 

女性にも男性ホルモンがありますが、若い時は女性ホルモンの陰で目立ちませんでしたが、加齢による女性ホルモンの減少で目立つようになります。このことによって老婦人に男性ホルモンが原因の抜け毛・薄毛が起こることあります。

 

同様に、アセチルテトラペプチド3の細胞修復作用は、男女に関係なく、傷ついた毛母細胞を元気にしてくれます。さらに、アセチルテトラペプチド3にはほとんど副作用がありませんから、女性も安心して使えます。
対象成分の含まれている育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
まとめ

 

理想の育毛成分、キャピキシルについてご説明しました。年齢を重ねた時に、ふと鏡を見たら、髪全体が薄くなっていてショックを受けたという話を聞きますが、そんなあなたを救ってくれるのがキャピキシルです。ぜひ効果を実感してみてください。

 

育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
育毛シャンプー商品紹介一覧ページへリンク