CTP

CTP

女性にとって、抜け毛・薄毛というのは、ある意味男性以上に深刻な悩みかもしれません。

 

抜け毛・薄毛に悩める女性にとって救世主である成分が、CTP(6−ベンジルアミノプリン)です。

 

CTPは、1990年に三省製薬で育毛効果を発見、その後1995年には厚生省から有効成分としての認可を受けた、科学的に立証された成分です。

 

毛母細胞に直接働きかけるCTPは、加齢による女性ホルモン減少が原因と考えられる「びまん性脱毛症」に有効です。
ストレス性の抜け毛

 

CTPは、髪の毛に直接働きかけます!

 

加齢による女性の抜け毛には、「女性ホルモンの減少」と「BMP(骨生成因子)の減少」が大きく関係しています。

 

BMP、骨再生因子とは、骨だけでなく、髪の毛を作るたんぱく質の一種、ケラチンの生成、成長を促すたんぱく質で、加齢によって、女性ホルモン同様減少することがわかっています。

 

CTPは、BMPを増やす効果を持っています。CTPが毛母細胞に働きかけたことにより、BMPが増えて、ケラチンも増えます。その結果、美髪に効果を発揮し、さらに髪の毛が生えることを促します。

 

 

安全性が保障されている育毛成分

 

CTPは、厚生省認可の育毛有効成分として登録されていますので、その安全性、効果とも臨床試験で証明済みです。また、製薬会社が作っている成分なので安心です。

 

つまり、副作用リスクがほとんどない点が、うれしいポイントです。

 

CTPは、ホップ抽出液を配合することによって、さらなる効果が期待できることがわかっています。CTPとホップ抽出液含有の育毛剤なら、ダブルの効果を実感できます。

 

 

CTPは、どんな抜け毛・薄毛の効果があるの?

 

CTPは、「加齢による抜け毛・薄毛」「びまん性脱毛症」に大きな効果を発揮します。髪の毛を増やし、さらにそれぞれの毛にハリ・コシを与えます。

 

ホルモンバランスの乱れ以外で起こることも多い若い方の抜け毛に対して、ある程度以上の年齢を重ねた方の抜け毛に、CTPは効果が期待できます。

 

使用上、注意すべきことは?

 

CTPは、毛母細胞に直接働きかける育毛成分です。もし、抜け毛の原因が頭皮の炎症の場合は、抗炎症作用の育毛剤を使ったほうがいいかもしれません。

 

円形脱毛症は、ストレスによって引き起こされる抜け毛・薄毛で原因が異なりますから、CTPでは効きません。

 

つまり、あなたの抜け毛・薄毛の原因が何かということをきちんと確認して、育毛剤を選ぶことが大切です。

 

もう一度、おさらいしましょう。育毛成分には、以下の働きがあります。

 

  • 頭皮環境を整えるタイプ
  • 血流を促進するタイプ
  • 毛母細胞を活性化するタイプ

 

言うまでもなく、CTPは、あくまで毛母細胞に直接働きかける育毛成分です。
いわば、積極的に「攻める」育毛剤と言えるでしょう。

 

現在は、髪の毛をめぐる環境は悪化するばかりです。30代でも加齢による抜け毛・薄毛の対策が必要になってきています。育毛成分は、一朝一夕には効果が表れませんから、
「あれ?」と思ったら、早めの対策が必要です。
対象成分の含まれている育毛剤商品紹介又は一覧ページへリンク

 

 

まとめ

 

CTPという育毛成分についてご説明しました。1995年に厚生省から認可を受けたCTPは、長年にわたって使われている成分ですから、臨床データが十分あり、効果が立証されています。
あなたの抜け毛・薄毛の原因をしっかり突き止め、正しく使うなら、効果が期待できる成分です。
育毛剤商品紹介一覧ページへリンク
育毛シャンプー商品紹介一覧ページへリンク