酢酸トコフェロールという成分を聞いたことがある人は、相当育毛成分に詳しい人だと思います。

 

正式には、酢酸DL-αトコフェロールは、略して酢酸トコフェロール、またはビタミンEエステルとも呼ばれています。

 

抗酸化作用、および抗炎症作用があり、紫外線による肌の老化を防ぐことができます。つまりアンチエイジングに効果があります。

 

過度な摂取には、副作用リスクがありますが、酢酸トコフェロール配合の育毛剤やシャンプーなど内服以外のものなら心配はいりません。

 

酢酸トコフェロールにはどんな育毛効果があるのか?

 

酢酸DL-αトコフェロールは、一般用医薬品、医療用医薬品として認可されているだけでなく、酸化防止剤としての食品添加物としても認可済みです。

 

女性用の育毛剤のほか、化粧品、シモヤケ・ヒビ・アカギレの治療薬にも配合されています。市販のビタミンEサプリにも配合されています。欧米では、食品成分として安全性が確認されています。

 

 

ビタミンEは、体内に摂り入れても、体外に塗っても効果がある!

 

ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と言われるぐらい、抗酸化パワーがあります。また、食べ物として摂り入れても、皮膚に塗ってもどちらの場合も効果があります。

 

酢酸トコフェロールは、ビタミンEの中でも、ビタミンE誘導体と言われていますが、ビタミンE、ビタミンE誘導体ともに同じ効果を持っています。

 

酢酸DL-αトコフェロールは、皮膚に塗ると、肌の酵素と反応してビタミンEに変わり、同じ働きをします。

 

 

 

 

 

 

最高のアンチエイジングパフォーマンス!

 

酢酸DL-αトコフェロールで特筆すべきは、その抗酸化作用、つまりアンチエイジングに効きます。

 

紫外線をたくさん浴びたままケアしないでいると、活性酸素が発生し、頭皮が酸化します。これが女性の抜け毛・薄毛の原因の一つです。

 

酢酸DL-αトコフェロールの抗酸化作用は、頭皮が酸化すること、つまり老化することを抑制します。それだけでなく、血行を促し、肌を活性化させ、肌荒れをケアすることによって、頭皮コンディションを改善します。

 

これだけの効果を持ちながら、肌への刺激が少なく、安全であることも確認済みです。育毛を考えている女性には必須の成分と言えるでしょう。

 

 

効果があるからと言って、過度に摂ることはダメ!

 

さまざまな食品やサプリに配合されている酢酸DL-αトコフェロールですが、摂りすぎには注意しましょう。「過ぎたるは及ばざるがごとし」!摂りすぎによる副作用には注意が必要です。

 

注意することは大切ですが、むやみに心配しすぎる必要もありません。あくまで服用の場合であって、育毛剤やシャンプーでは副作用リスクを考える必要はないでしょう。

 

まとめ

 

日焼けによる紫外線からのダメージについて、顔や手は気にするけれど、頭皮や髪の毛は意外に無頓着です。

 

傷ついた頭皮や髪の毛を酸化、老化から守ってくれるのが酢酸DL-αトコフェロールと言えます。安全性は国によって確認済みの成分です。

 

酢酸DL-αトコフェロールは、直接的に発毛を促す成分ではないですが、発毛するための環境、健康な頭皮を作ります。それは、ひいては発毛につながります。ぜひ、効果を実感してみてください。